よく効く育毛剤をお探しなら

育毛トニックは効果がないって本当?育毛剤との違いは?

育毛剤でもなく、発毛剤でもなく、育毛トニックというものがあります。

育毛と謳っているのでそれなりに効果があるのかな、と思いがちですが、具体的にはどんなもので、育毛剤とどんな違いがあるのか良くわからずに使っている人もいます。

でも実は育毛トニックと育毛剤は全然別のものです。

もちろん、育毛トニックだと理解した上で購入したり、使用したりすることに何の問題もありませんが、何か他の作用を期待して使っているのだとすれば、ちょっと認識を改めなければいけませんね。


育毛トニックという商品は

育毛トニックは、主に頭皮の衛生面を向上させる目的で使うものです。

中には単なる整髪料であり、メントールなどが配合されていて頭皮に爽快感を与える目的のもの、髪の毛にツヤを付ける目的のもの、香りを付けるのが目的のものもあり、千差万別です。

育毛トニックはあくまでもトニックですから、髪の毛を成長させるための有効成分が一定濃度含まれる必要もなく、厚生労働省の認可も必要としません。

トニックはかなり昔からある商品で、昔ほどベタベタしたり強い匂いがあったりするものは少ないですが、オシャレのために愛用している人も少なくないでしょう。

近年では、整髪を主軸とするよりも、衛生面を強めたタイプのほうが人気が高くなっています。また、頭皮を刺激することで血行を促進する目的を持たせた商品もあり、マッサージ時に使っている人もいるようですね。

身だしなみを整えるためや気分転換のマッサージなどに使うのは良いですが、それで誰もが抜け毛や薄毛が改善するというわけではありません。

もともと健康な頭皮の人が、不衛生にしていることで髪の毛にコシが無くなっているのであれば、ケアするだけでも状態を良くなるケースはあるでしょう。

育毛トニックと育毛剤の違い

・育毛剤

髪の毛の成長を促進するなんらかの有効成分が一定以上配合されているもので、基本的に厚生労働省が認可をしているものです。

 

・育毛トニック

主に頭皮環境を整えるもので髪の毛の成長を促進する作用を持っているわけではない。一般的にはかなり昔からある男性用の整髪料で、頭皮につけると爽快感を感じたり、ツヤや香りが付くものが多いです。育毛トニックも基本的にはヘアトニックなので、整髪を主軸として、なんらかの血行促進成分を加えたというものが多いようです。育毛トニックを使っても抜け毛や薄毛が改善するというわけではありませんから、爽快感があるくらいに捉えておいたほうが無難でしょう。

育毛剤博士

育毛トニックは正式にはヘアトニックと言うのじゃ。育毛剤とは定義も成分も用途も全く違うんじゃ。使用目的としては頭皮の環境を清潔にすることと抜け毛を防ぐこととなっておる。つまり薄毛を治すというよりも薄毛を予防するために商品と考えた方がいいんじゃ。

つまり薄毛が気になりだしてきて育毛トニックでケアをはじめても中々思っていた効果がないという方が多いのは、そもそもの目的が違うからって事です。

育毛トニックで薄毛が悪化するケースも

育毛トニックが悪い商品というわけではありません。ただ、どうしても頭皮につけた時の爽快感を目的としている製品も少なくないため、頭皮への刺激物となる成分の配合には一定の注意が必要でしょう。

爽快感と一言で言っても個人の感覚が千差万別なので、とても難しい問題です。

スキッとする刺激が気分転換に良いと感じる人も多いでしょうが、その刺激が頭皮にあまり良くない影響を与えてしまう場合も少なくありませんので、もしすでに頭皮が弱っている場合には、かえって薄毛や抜け毛が悪化するケースも多いのです。

育毛トニックで頭皮環境が逆に悪化・・・

髪の毛のためには出来るだけ避けたいのがエタノール類で、エタノールはアルコールですから、かなり強い刺激物ということになります。また、爽快感を強めるために配合されやすいのがメントールですが、これも使いすぎると頭皮を弱らせる可能性があります。

そして合成香料なども弱った肌には刺激物になるので、出来れば避けたい物質ですね。

購入する場合には、成分表をきちんとチェックして内容を知ることが大切です。育毛トニックであっても育毛剤であっても、成分表示を見ればおおまかに商品内容を知ることが出来ます。

飲んだり食べたりして内蔵から吸収するよりは、皮膚につけて吸収するほうば影響力は少なくなりますが、それでも経皮毒の問題がいつまでも消えないように、皮膚から血液中に成分が入り込んでなんらか影響を与えることに違いはないのです。

成分表には、水以外の配合成分が表記されています。

女性の多くは必ず細かくチェックしてから購入を検討する傾向がありますが、男性は無頓着な場合も多いので、髪の毛のためには注意したいところですね。

表記順は一番多く含まれる順番で表記しなければいけない法律なので、実は構成内容も知ることが出来ます。

中には酷い育毛トニックもある

最近の育毛トニックには生薬とかが一応入っていたりしますが、ひどい育毛トニックになると、ほぼ水とアルコールそして清涼剤しか使われていない育毛トニックとかあったりします。

アルコールによって頭皮の殺菌効果そして皮脂の除去効果が得られて、清涼剤のメントールなどですっきりとさわやかな感じを得ることができるって事?

水とアルコールとメントールでシューってやってメントールのおかげでスースーするから、なんか効いてるみたい!って・・・

それでフサフサになりますか??

成分表をきちんとチェックしよう

育毛トニックでも育毛剤でも、商品に記載されている成分表を見ることで内容を知ることが出来ます。

飲むものよりも皮膚に付けるもののほうが身体への影響は少なくなりますが、いずれにしても血液中に成分が入り込むことに違いはありません。

成分表は、水以外一番多く含まれる順番で表記しなければいけない法律なので、構成を知ることも出来ますね。一概に言えませんが、育毛トニックの大部分はエタノール類が非常に多く入っているので、アルコールの刺激が強いことになります。

メントールや香料なども弱った肌にはかなりの刺激になるので注意しましょう。

育毛剤博士

刺激の強い成分が配合されている場合、もし頭皮が弱って薄毛や抜け毛が起こっているような場合には逆に悪化するケースも多いのじゃ。

育毛トニックは主に頭皮環境を清潔に保つために利用するもので、髪の毛の状態になんらかの不調が現れている人が使うことで改善効果があるとは限らないことは理解しておきましょう。

もちろん良い商品もありますし、理解した上で愛用することには何の問題もありません。

ただ、もし勘違いをしていて、育毛出来るものだと期待して使い続けているのであれば、ちょっと認識の相違があると言えそうですね。