よく効く育毛剤をお探しなら

育毛剤は1日何回使うべき?使うタイミングでおすすめなのはいつ?

育毛剤は1日に使う適正な回数が決まっています。

たくさん使えば早く効果があるように感じますし、有効成分が常に頭皮の中にある状態にしておきたいと思うのも当然でしょう。とは言っても、本当に効果のある育毛剤は決して安いものではありませんし、無駄にしたくはありません。

お金のことを考えれば、湯水の如く使えるものでもありませんし、出来るだけ必要最小限にして出費を抑えたいという相反する本音があるのも事実です。

いろいろ考えていても致し方ないので、適量は製品ごとに違いますから、基本は使用指示に従って使うのが一番です。上手な使い方についてまとめておきましょう。


育毛剤は1日何回使うべき?

基本は各育毛剤の使用方法や回数に従うべき

何を買っても、取り扱い説明書的なものは一切読まないという人も中にはいます。

確かに字が細かくてびっしり書いてあるようだと、読む気が失せる気持ちもわかりますが、初めて使う育毛剤でそれをやるのはまったくお勧めできません。

育毛剤と一言で言っても、育毛剤によっては頭皮全体に塗るべきものもあれば、ピンポイントで気になる部分にだけ塗るほうが良いものもあります。

マッサージをしたほうが良いもの、逆にマッサージしてはいけないもの、様々な使用方法をメーカーが指定していますので、それを知らずに使っていても効果は定かではありません。

表現にもいろいろあり、1日1回と回数で表示されている製品もあれば、1日○mgといったように分量で表示されているものもあります。使うタイミングについても目安があるもの、ないものありますので、そこを読み飛ばしては始まりません。

一般的には、朝か晩に1日1回使うものが多く、使う量の目安が書いてあるものがほとんどのようです。基本的にはそれに従って塗れば問題ありません。

とにかく使いすぎは間違い

育毛剤は、少しでもたくさん使いたいと思ってしまうのが人間の心理ですよね。

でも、たくさんつければ育毛効果が高くなるというわけでもなく、過剰になるとベタついたり湿疹が出たり、頭皮から皮脂が過剰に出て強いかゆみに襲われたりと、良いことはありません。

基本は製品に指定された量を、必要な部分にしっかり浸透させることのほうが重要です。

より効果的に育毛剤を使いこなすには

自己責任で行うことになりますが、1日に頭皮から吸収させる量を計算し、それを数回に分けて塗るという手法もあります。

というのも、人間の身体は一度にたくさんの同じ成分が入って来ても、吸収しきれないという特性があるからです。

だから例えば1日10mg目安であるなら、朝5mg、夜5mgに分けてトータル1日10mgになるようにするなど、数回に分けることで吸収を高めるという考え方もあります。

いずれにしても1日の量を超えないようにすることが大前提ですが、手間は増えてもよりきめ細やかなケアが出来る期待もあります。

もし1日の使用量が回数表示になっているなら、1回がどれくらいの量に該当するかを計算して、スケジュールを組み直すことも可能です。

また、日中の日差しなどで頭皮はダメージを受けますので毛根も弱ります。頭皮は毛穴から汗が出て溜まり詰まってしまうこともあります。

そうすると髪の毛には悪い環境となってしまいますので1日2回つけることは特に問題もないのです。むしろ頭皮の清潔感を守ると言うタイプの育毛剤なら効果が期待できるのです。

育毛剤を使うタイミングでおすすめなのはいつ?

育毛剤を使うタイミングによって効果が変わると言うのならいつ使うのがベストなのでしょうか。もしより効果を感じられる使う時間帯があると言うのなら知りたいと言う人が多いのでは?

薄毛や抜け毛に悩むからこそ知っておきたい育毛剤を使うタイミングを見てみましょう。

育毛剤はいつ使うのがベストタイミングなのか

育毛剤は頭皮が清潔な時に塗る必要があるので、一番いいのはシャワーやお風呂の後でしょう。液垂れを防ぐために、汗がひいて髪の毛もある程度乾いてから塗るようにしましょう。

体温が上がっているほうが血行が良く、有効成分が浸透しやすい環境なので、身体が温まっているのが理想的。もしくは、塗った後に体温を上げるために、リラックスして行えるストレッチなどを行うのも良い習慣です。

塗った後に体温が上がるという意味では、実は朝起きてシャワーを浴びた後に塗るのもベストタイミングと言えます。一方で、夜寝る前に塗れば、寝ている間に毛母細胞が活性化する時間とバッチリ合わせられるというメリットもあります。

どちらがどうとも言えませんし、朝は時間が無くてとてもじゃないけど頭皮ケアをしている時間などないという人もいるでしょう。

逆に、夜は大残業で疲労困憊だという場合には、おざなりに手入れをするくらいならやめておいたほうが良いでしょう。結局、その人の生活サイクルによって一概に言えない状況なので、自分が落ち着いてスキンケア出来る時間に定めたほうが結果的に長続きします。

大事なのはケアを忘れずに継続することなので、うまくルーティンにしてしまうのが一番ですね。

入浴後に使う場合の注意

入浴後やシャワー後の体温が上がっている時に塗るのは良い方法です。

頭皮も一番清潔ですし、有効成分も浸透しやすいタイミングなのでおすすめなのですが、とにかく汗がひいて落ち着くまでは待つことと、きちんと髪の毛や頭皮の水分をとってから塗ることが大事なポイントです。

育毛剤が流れ落ちて思った場所にうまく浸透しなかったり、顔や首に垂れてくると皮膚トラブルになってしまったりする場合があります。

しっかり水分は拭きとってから塗ることと、夜は塗った後ですぐに寝てしまうとベッドや枕に成分が拭き取られてしまうので、つけたら20分くらいは起きていることも大事です。

夜寝る前がベスト?

育毛剤を使うタイミングは寝る前がいいと言われています。もう後は寝るだけなので何も心配いりませんし、液だれするのが嫌だと言う人も立位ではなく寝た姿勢の方がその心配もないからです。

とは言え本当に寝る前がいいのかというと微妙に違います。と言うのも育毛剤は頭皮が清潔な状態で使うものだからです。頭皮が清潔と言うことは毛穴に何も詰まっていない状態です。

シャンプーを使って頭皮を洗浄した状態なら育毛剤の有効成分も浸透しやすいのです。ですから正確にはシャンプーをした後と考えましょう。

なお髪の毛が湿った状態で使うのか、完全に乾いた状態で使うのかは育毛剤によって違います。育毛剤の使用方法などを見れば髪の毛や頭皮の状態がどのような時に使うのか書かれていますから確認するようにしましょう。

ゴールデンタイムを活用しよう

育毛剤の有効成分をより浸透させるために利用したいのがゴールデンタイムです。ゴールデンタイムとは髪の毛が成長するために細胞が活性化する時間帯のことです。

この時間が一体いつなのかというと夜22時から朝2時の4時間になります。

紙おむつのテレビCMなどで赤ちゃんが成長するのに大切なゴールデンタイムというのを聞いたことはないでしょうか。この時間帯は成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯です。

成長ホルモンと言うと子供の成長を促すと考えがちですが大人にも大切な要素です。

例えば運動をして疲れた、仕事の疲労が体に溜まったと言った場合の疲労回復を促したり、肌細胞の生まれ変わりを促したりするのがこの成長ホルモンの役割です。

髪の毛も同様に22時から2時までの間に毛母細胞が活性化しますので成長します。

ではゴールデンタイムに髪の毛を成長させるためにはどうすればいいのかというと深い睡眠をとることです。質のいい睡眠をとることで成長ホルモンの分泌は盛んになり、髪の毛も成長します。

髪の毛が成長するために必要な成分は育毛剤に含まれていますから、髪の毛の成長をサポートしてくれることにつながるのです。ですからタイミングとしては夜お風呂に入って髪の毛を洗った後、21時30分までの間と考えるといいかもしれません。

忙しい方は朝に使用する

いくら夜つけるのがいいと言っても忙しくて夜は帰ったら寝るだけだ、という人もいるでしょう。そんな方は朝つけてください。育毛剤はできれば夜つけるのがいいと言われていますが、忙しい方はその限りではありません。

それよりも毎日つけ続けない方が効果は得られないと考えられるのです。

育毛剤の効果を引き出したいのであれば育毛剤は毎日継続してつけることが大切です。薬やサプリメントも飲み続けなければ意味がないように、育毛剤も使い続けなければ意味がないのです。

朝仕事に行く前にシャワーに入ると言う方はシャワーに入った後につけるようにしましょう。シャワーに入る時間がバラバラだと言う方はシャワーの痕で構いませんので頭皮が清潔な状態で毎日つけ続けるようにしてください。

育毛剤博士

体質にもよるが、特にケアしたい面積が小さい場合、全量を1回で使ってしまうのではなく、半分ずつ2回に分けて1日分を使うほうがより効果的だと感じている人も多いんじゃ。いずれにしても1日の使用量は超えないようにすることが大前提じゃ。