よく効く育毛剤をお探しなら

育毛剤の効果な使い方とは?育毛剤を初めて使う際の注意点【正しい使い方】

育毛剤を使う際に気をつける事とは、当たり前のことかもしれませんが、とにかく正しい使い方をすることです。

育毛剤を使用するのは、薄毛や抜け毛を改善したいからですよね。でもやみくもに塗っているだけでは本当の効果は得られません。

どの育毛剤を使っても効果が実感出来ないという人は、使い方をもう一度おさらいしてみましょう。


体温を上げてから育毛剤を使おう

育毛剤の有効成分を頭皮から浸透させるためには、体温が上がっている必要があります。

頭皮の状態が悪い人は、頭皮の血行が悪くなっている場合が非常に多いですから、特に温めてから育毛剤を使うことはとても重要です。

入浴後などが適切ですが、蒸しタオルなどで頭皮を温めるのも効果的です。ストレッチなどで身体を動かして、体内の巡りを良くするのも良いでしょう。

一番良いのは湯船にゆっくりつかることです。

血行が良くなる上に毛穴が開いて汚れやフケがしっかり落ち、有効成分が入りやすくなります。

頭皮は清潔にしよう

シャンプーの仕方一つで髪の毛の状態は良くも悪くもなることを知らない人も多いですね。頭皮を洗う時には表面をこするのではなく、指の腹でしっかり揉むように洗うのが一番効果的です。

毛穴が皮脂や汚れで詰まったままだと、せっかくの育毛剤が浸透できません。

頭皮の汚れをしっかり落とすことと、洗った後のシャンプーの残りをしっかりすすいでキレイさっぱり流すことです。実は洗うほうに一生懸命で、すすぎがおろそかになっている事が抜け毛の原因となっている場合も多いのです。

残念ながらシャンプーの成分は肌に残ると毒なので、すすぎ残しだけはないように最低3分は使ってすすぎましょう。

特に額の生え際、耳の上、襟足が見落としナンバーワンのポイントです。

汚れもシャンプーもしっかり落としきった後に育毛剤を塗ると、浸透率が非常に上がって効果が出やすくなります。

育毛剤は適量をコツコツと

育毛剤は、基本的には抜け毛が気になる部分に塗ります。

面倒だからと言って全体になんとなく塗ってしまわないで、まずは気になる部分に、そしてそこを中心に円を描くように塗り伸ばしましょう。

塗るのは地肌であって、髪の毛ではありませんので、ちゃんと頭皮に育毛剤が塗れていることを確認して下さい。

そして使用量を守ることは最重要点です。

育毛剤の使用量は少なくてもダメ、多すぎてもダメです。塗り過ぎたことで毛穴を塞いでしまったという人もいますので、説明書を良く読んで使用量を守りましょう。

育毛剤を使う際の注意点

育毛剤を使う場合、事前に注意しておくべき点もあれば、使っていく上で注意しておくべき点もあります。当たり前のことですが、正しい使い方をすることが一番大事ですから、効果の出る使い方をしましょう。

また、コツコツケアするのは思っているより大変ですが、とにかく数ヶ月単位で地道なケアを続ける覚悟が最初に必要です。

どうしても忘れてしまったという場合は致し方ないですが、気が向いた時だけやったりやらなかったりというケアしか出来ない人は、思っているような結果を得られない可能性が高いです。

副作用の可能性に注意しておく

まず、育毛剤には副作用もある成分が含まれている場合もあることを事前に知っておきましょう。容量や用法はよく守ること、使用上の注意も読み飛ばさず理解しておきましょう。

育毛剤の中には、医薬品扱いのものもあります。医薬部外品であっても、医薬品と同等の成分が低い濃度で配合されている場合もあります。

そのため、自分の体質に合うかどうか、まずは少量で使用することが重要。

入手したらすぐにでもドバドバと使いたい気持ちはわかりますが、そこはグッとこらえて徐々に様子を見ながら使用するのが正解です。良くない兆候は塗った部分の痒みや炎症で、特に医薬成分であるミノキシジルを含む製品には注意が必要です。

ミノキシジルには血管拡張作用があるため、血圧に影響が及ぶ副作用も有り得ます。心拍数が増えたり、動機や息切れなどが起こったりしないか注意深くチェックして下さい。

頭皮にかゆみが出ることが多く、その程度であれば大きな問題ではありませんが、もともと低血圧の人の場合は専門医に相談してからのほうが無難です。

使ってはいけない時もある

育毛剤は、頭皮に炎症がある時には使用してはいけません。

炎症と聞くとすごいケガや湿疹などを思い浮かべるかもしれませんが、一番身近なのが頭皮の日焼けです。

外出時に帽子も被らず日傘もささず、平気で炎天下に出る男性が多いですが、頭皮が日焼けをすると育毛剤で症状がひどく悪化してしまうことになります。

海や山に行った、ゴルフや野球などをしたという時は、頭になんの防御対策もしていなかった人は自覚症状が無くても使ってはいけません。

そもそも頭皮を紫外線下に晒すこと自体、薄毛を促進する危険行為ですから、頭はしっかり守りましょう。また、頭皮に湿疹が出来やすい人は、炎症がおさまるまで育毛剤の使用はしないようにしましょう。

頭皮は自分では見えにくく、なかなかチェックが難しいのは確かですが、育毛剤で激痛が起こってからでは遅いのです。

育毛剤はコツコツ正しく使い続ける

育毛は一朝一夕には出来ないことで、本当に長い期間コツコツとケアし続ける必要がある行為です。

始める前に覚悟はしていても、1ヶ月とたたないうちに心が折れてしまう人もいますので、最初からあまり過度に期待せずにルーティン化するのが一番です。

なかなか実感がないと効いていないのではないか、量が少ないのではないかと不安になって、正しい使い方から外れてしまう人もいます。

気負うと疲れてしまいますが、サボるのもいけませんので、歯磨きやヒゲ剃りなどと同じように当たり前のリズムの中に入れてしまうのが一番です。

1日の使用量は各製品ごとに目安があるはずですので、それを大きくハズレるようなことのないように。

育毛剤に頼りすぎない

どんなに良い育毛剤でも万能ではありませんので、塗ってさえいれば後は何もしなくてもOKというわけにはいきません。育毛剤でちゃんと効果を得ている人は、その他の部分でもかなり努力をしていることが大半です。

その隠れた努力を見ないで、美味しいところだけ願ってもなかなか難しいのは事実です。皮脂が多いなら食べ物を工夫したり、寝不足が多いなら睡眠をきちんと摂る努力をしたりする姿勢も大事ですね。

育毛剤の液だれに注意

育毛剤は大半が液状です。頭は体の中で一番上にある部分ですから重力に逆らえず育毛剤が垂れてくることがあります。

顔にかかった場合はすぐに洗い流さなければ顔に何らかの異常が見られる場合もありますので注意が必要です。また目に入った場合合すぐに洗い流し異常を感じるようなら早めに眼科を受診してください。

口や鼻に入った場合もすぐにすすぐことが大切です。

育毛剤の成分の中には体の中に入ると別の効果を発揮するものがあります。体の外にとっては必要な成分でも体の中には不要な成分も多いので液だれによる誤飲などには十分注意しましょう。

特に副作用があると言われている育毛剤については粘膜である目や鼻に入ると大変危険です。できれば液だれしづらいタイプを探すか使用量をきちんと守ることが大切です。

育毛剤に使用期限はあるの?

育毛剤を購入する前から気にする人はあまりいないようですが育毛剤にも使用期限があります。

以前別の育毛剤を余したまま別の育毛剤を使うようになってしまった、なくなったと思って新しいのを買ったら実は残っていて使用期限が切れていたと言うことはよくあるようです。

ところが育毛剤の使用期限は底の方に小さく書かれている、記号のように書かれていることが多いためなかなか気が付きません。一般的に育毛剤は未開封なら3年、開封したものは正しい保管をして半年ほどが使用期限と言われています。

試用期限を過ぎた育毛剤は無添加であればあるほど成分が劣化しますし腐食しやすいので使用は控えるべきです。説明書きを見ても使用期限を過ぎた育毛剤を使用しないように書かれています。

万が一使用期限が切れた育毛剤を使って頭皮トラブルが起こってもだれも責任は獲れないのです。使用期限が切れた育毛剤は品詞いつが低下していますから効果も期待できません。

ひどい場合はアレルギー症状を引き起こすことがあります。

もし購入した育毛剤に返金保証があっても使用期限が切れている場合は返金保証期間を過ぎていることすら考えられます。育毛剤は使用期限内に使い切るようにし、余った場合は捨てましょう。

育毛剤を同時に使ってもいいのか?併用の注意点

育毛剤の効果は製品によって違います。血行促進効果や毛母細胞の活性化、頭皮環境を整えるなどと言った効果に分けられるでしょう。

そうすると効果の違う育毛剤を組み合わせて使ってもよさそうに感じますが副作用の問題があります。もちろん全く副作用がないと言う人もいますが育毛剤の恐ろしいところは副作用がある場合が考えられることです。

ですから複数の育毛剤を同時に使用した場合効果が得られないどころか頭皮トラブルなどにつながる可能性があるのです。

また育毛剤の注意書きを見てもほかの育毛剤と一緒に使用しないことと書かれている場合が多いので併用することはあまりお勧めできません。

特に同じ効果を持つ育毛剤を2種類使えば効果が倍増すると思っている方がいるようですが、いくらたくさん育毛剤を付けたからと言って効果が倍増することはありません。

ただし違う効果が期待できる育毛剤で、注意書きに単体での使用を勧めると書かれておらず、副作用の心配がない育毛剤であれば併用することはできます。

もちろん効果には個人差がありますし100%副作用がないとは言い切れませんが天然素材のみでできているなどといった育毛剤なら併用してみてもいいかもしれません。

育毛剤使用上の注意点は育毛剤のパッケージにも書かれていますのでよく確認しましょう。

育毛剤博士

育毛剤は正しい使い方を守ってコツコツとケアをすることが重要なのじゃ。ヘアサイクルは3か月じゃから最低でも3か月以上は続ける必要があるの。