よく効く育毛剤をお探しなら

血行促進や毛母細胞活性化など育毛剤の種類を解説!

育毛剤には本当にたくさんの製品がありますので、ひとつひとつじっくり調べて行こうと思うとかなり大変なことになります。

とは言っても、効果があるかどうかは人それぞれですし、自分に合わなければお金がもったいないですよね。

新しい製品もどんどん出て来ているので一概に言えませんが、育毛剤をタイプ別に大まかに分けることで、比較的絞り込みやすくすることは可能でしょう。

それぞれのタイプと期待出来る効果についてまとめてみましょう。


血行を促進するタイプとその効果

髪の毛を作っている細胞を元気にさせるためには、きちんと必要な栄養を送り込むことが重要です。その唯一の手段が、血液です。

細胞はすべて血液を介して栄養をもらって分裂していますので、届く血液量が少ないと栄養失調になってしまいます。

特に毛細血管の先の方へは届きにくいこともあり、髪の毛は真っ先に血行不順の影響を受けやすい部位でもあります。

成長を促すためには、頭皮に十分な血行があることが重要なため、育毛剤にも血行促進タイプが多くあります。

と言うか、血行は絶対に欠かせない要素ということもあり、ほとんどの育毛剤には多かれ少なかれそうした成分が配合されています。

血行を促進する方法は、頭皮の血管を拡張することで血液量を増やすのが一般的です。

ニンジンエキス、サンザシエキスなど漢方に通じる成分や、ゴボウ根エキス、、ショウガエキス、ニンニクエキスなど食品としても活用されている成分、カミツレエキスやハッカオイルなどのハーブ成分などがあり、それぞれ製品ごとの特色が現れています。

育毛剤博士

育毛剤で一番多いのが、この血行を促進するタイプのものじゃ。

 

髪の毛を作る毛母細胞は、血液から栄養や酸素をエネルギーとして活用しながら細胞分裂を繰り返しておる。じゃから血行の悪い頭皮は毛母細胞に栄養を運ぶことが出来ず、それが原因で髪の毛に元気がなくなっている人が多いのじゃ。

 

ということはじゃ、頭皮の血行促進は育毛する上で一番重要なポイントと言っていいのじゃ。

 

他のタイプの育毛剤にも血行を促進する成分は必ずと言っていいほど配合されておる。それくらい重要だという事じゃな。

毛穴の汚れを洗浄するタイプとその効果

頭皮はとても多くの皮脂を分泌する部位でもあり、毛穴に汚れが詰まりやすいという問題があります。毛穴をスッキリ掃除することで、頭皮の新陳代謝を良くして髪の毛を育てるのがこのタイプです。

皮脂や古い角質を取り除くだけでも細胞分裂が活性化するので、髪の毛も成長しますし、頭皮のニオイ対策にもとても良い効果が得られます。

何より、毛穴の奥の汚れまでキレイに吸い出せるというのは、自分でもキモチがいいですよね。

そして、キレイになった毛穴からは有効成分が浸透しやすくなるので、育毛剤の効き目も良くなるという期待があります。

ただし、毛穴の掃除はなかなか大変で、毎日ちゃんと頭皮を洗っても完全にはキレイに出来ない部位です。

20代後半には新陳代謝が遅れて角質が剥がれにくくなり、古い皮膚で塞がれた毛穴に皮脂が詰まって頭皮にニキビが出来やすくなったりもします。

特に乾燥肌の人とオイリー肌の人は毛穴が詰まりやすいので、早い段階から角質を溶解するタイプの育毛剤を使い始めるのがおすすめ。

古い角質を溶かして取り除くと、頭皮自体が柔らかくなって、脱毛を防ぐ作用につながります。主な成分はサリチル酸や乳酸などの他、ヨクイニンエキスなど漢方成分も有効です。

育毛剤博士

頭皮が常にべたつきやすい人とか、毛穴からの皮脂分泌量が非常に多い人の場合、毛穴が詰まって髪の毛の育成に問題を及ぼす場合がある。

 

もともと頭皮には非常にたくさんの皮脂腺が分布しているので、誰でも条件によってはオイリーになってしまうのじゃが、程度を過ぎると薄毛などの悪影響を及ぼす場合があるのじゃ。

 

一時期スカルプケアのシャンプーなどが流行ったんじゃが、古い皮脂を十分に洗い流すために有効なシャンプーじゃったの。育毛シャンプーというやつじゃな。育毛というよりは、頭皮環境改善シャンプーと言ったほうが良いかもしれんがの。

男性ホルモン抑制タイプとその効果

男性ホルモンが原因の薄毛はAGAです。

原因となるのは、男性ホルモンから作られる別の物質なのですが、5αリダクターゼという酵素が働くと、AGAを引き起こす別の物質が作られてしまうのです。

この5αリダクターゼのはたらきを阻害する成分が含まれるの育毛剤もあります。

主な成分はオウゴンエキスやエストラジオールや、サルスベリエキスや冬虫夏草エキスといった漢方成分になります。

育毛剤博士

AGAもそうじゃが、男性ホルモンであるテストステロンが酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変質することが薄毛の原因になっている場合がある。

 

こうした場合、男性ホルモンの過剰な分泌を抑制するはたらきがある成分を主軸とした育毛剤が必要になる場合があるのじゃ。

 

男性ホルモン抑制タイプの育毛剤は薄毛予防として使用される場合も多く、塗布するタイプだけでなく飲むタイプのものもあるのじゃ。

栄養補給タイプ

食生活が乱れると、必要な栄養素が足りなくなり、髪の毛に悪影響が出る場合があります。

生命維持には髪の毛は直接関係ないので、後回しになってしまうために栄養が行かなくなってしまうわけですね。

その場合、体内からでなく頭皮から直接栄養素を補給させるため、育毛剤を使う場合があります。ただ、栄養過剰な人がこのタイプを使うと、皮脂分泌が過剰になるなど環境が悪化してしまう場合もあるでしょう。

育毛剤博士

このタイプの育毛剤は今は流行ってないの。他のタイプの育毛剤にも栄養は入っているから、わざわざこのタイプを選ぶ必要がなくなっておるの

毛母細胞活性化タイプとその効果

髪の毛の大元にある毛母細胞を活性化させて細胞分裂をさせるのが新しいタイプです。

近年生まれた新しい発想の育毛剤なので、今一番注目されていると言えます。女性にも人気で、髪の毛を美しく元気に育てる効果が期待できます。

薄毛とまではいかなくとも、髪の毛が細くなって来た、コシがなくなった、弱くなって切れやすくなってきたという場合に育ててくれる効果があります。

育毛剤博士

今密かに熱いのがこのタイプの育毛剤じゃ。髪の毛のもとになる毛母細胞を活性化させることで新しい髪が作られるのを促進するわけじゃな。キャピキシルという成分が最近話題じゃな。