よく効く育毛剤をお探しなら

本当によく効く育毛剤を使わないと意味がないよ

育毛剤ってたくさんの商品がありますけど、本当に薄毛によく効く成分が入った育毛剤を使わないと意味がないです。これ間違いをしている人がとても多いんです。

私の友人でそこそこハゲてきている友人がいますが、彼はこの前会った時に育毛トニックを必死に使っていると言っていました。

いやいやそれ単なる化粧品だし〇〇君の薄毛レベルじゃ全く意味ないでしょ!って早速教えてあげて、ちゃんと薄毛にもよく効く成分が入った育毛剤を買っていました。

知らない人も多いですが、育毛剤と名乗れるのは厚生労働省認可のものだけです。例えばよくある「育毛のためのローション」とか曖昧な表現をしている商品は、まだ認可を受けていないものです。

医薬部外品として認められるには厚生労働省から認可を受ける必要があるので、きちんと育毛効果が認められた有効成分を有しているものだという証明なのです。

よく効く育毛剤をお探しなら医薬部外品の育毛剤か医薬品認定を受けている育毛剤を選ばないといけません。もちろん国の仕事なので、良い製品でもまだ未認可だというものもあるかもしれませんが・・・。

厚生労働省認可の育毛剤の信頼性について

まず、厚生労働省に認可されている育毛剤は、成分の効果が公に認められていると言えます。育毛効果がちゃんとあると客観的に認められているということですね。

育毛剤の生命は有効成分ですが、メーカーが勝手に効果があると主張しているだけのものなのか、公的な機関が効果を認めた成分を一定量配合しているものなのかが確実に違うわけです。

そうした意味では確実に信頼性は高いと言っていいでしょう。

厚生労働省が認めた育毛有効成分が入っているかがカギ

よく効く育毛剤を選ぶのであれば厚生労働省が認めた有効成分が入ったものを選ぶのが必要です。

認可されている成分を見るとわかると思いますが、医薬成分のミノキシジルやAGA治療薬のフィナステリドは別としても、オウゴンエキス、センブリエキス、エビネランエキス、M-034など、現在非常に効果が高いと各方面で評価されている成分であることがわかりますよね。

この中ではM-034が一番新しい成分ですが、日本の北海道でも採れる昆布から抽出されたエキスですから、非常に身体に良い天然系の成分です。

副作用などの心配が無く、しかも医薬品並の効果が期待出来ると評価されていますので、やはりこうした高い効果の新成分を見つけるには、厚生労働省の認可はとてもわかりやすい目印になることは事実です。

安全性で育毛剤を選ぶなら医薬部外品がベスト

例えばミノキシジルは医薬品として厚生労働省に認可されていますが、副作用が非常に多い成分です。つまり、厚生労働省が作用があることについて認めたものが必ずしも安全性が高いという意味ではありません。

安全性については配合量など成分濃度の知識を知る必要がありますが、目安になるのは医薬部外品という扱いです。

医薬部外品は医薬品と違って成分濃度に制限があり、一般販売しても健康被害が無いと思われるレベルで販売されているのです。

だから、効果がしっかりあって、しかも健康被害が無いものと言えば、医薬部外品の育毛剤が一番。そうした目で選ぶなら、きっと間違いはないはずです。

育毛剤に使われている主な有効成分

育毛剤の生命は配合成分ですよね。各メーカーが独自の研究でそれぞれの成分の黄金バランスを編み出していますが、その元となっている成分についてまとめておきましょう。

育毛の世界は毎日進化していますので、ちゃんとチェックしていないと、知っているつもりでも情報が古くなっている可能性があります。

現段階で最新の育毛剤に使われている主な有効成分についてまとめましょう。

ジヒドロテストステロン(DHT)抑制成分

ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素とが結合して変化したものです。ジヒドロテストステロンは脱毛因子を作り出し、毛母細胞を攻撃するため毛周期が短くなり髪の毛が育ちにくくなります。このホルモンを生成しないために5αリダクターゼを阻害するのが、以下の有効成分です。

プロペシア(医薬品)、キャピキシル、オウゴンエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、チョウジエキス、ノコギリヤシなど

また、ジヒドロテストステロンが作り出す脱毛因子の働きを阻害する桑白皮エキス、女性ホルモンと似た働きをする大豆エキスも有効です。医薬品の成分は有名ですが、副作用の危険があるので、最近では植物由来の天然成分が注目されています。

血行改善成分

髪の毛を作っているのは毛乳頭にある毛母細胞ですが、血液が栄養素や酸素をそこまで届けなければ細胞分裂が活性化しません。頭皮の血行改善は髪の毛を作るためには欠かせない作用で、以下の成分が有効です。

ミノキシジル、ピディオキシジル、塩化カルプロニウム、センブリエキス、ニンジンエキス、ニンニクエキス、ビタミンEなど

特に効果の高いミノキシジルの誘導体で、副作用が劇的に低減されたピディオキシジルは非常に有効な成分として現在世界的に注目されています。

毛母細胞活性化成分

健康な髪の毛を作るために働く成分で、毛母細胞の分裂を促進したり、コラーゲンを合成したりする働きがあります。
ヘアサイクルを改善して成長期を長くしたり、新しい髪の毛を作ったりすることでハリやコシのある太く強い髪の毛を作るのが以下の成分です。

M-034(海藻エキス)、プラセンタ(胎盤抽出エキス)、パンテノール(ビタミンB複合体)、KGF(ケラチノサイト成長因子)、IGF(インシュリン様成長因子)、VEGF(血管新生成長因子)など

頭皮改善成分

髪の毛が健康に育つための頭皮環境を整え、乾燥や皮脂の過剰分泌、炎症や痒みなどを抑制する成分です。

グリチルリチン酸ジカリウム(2K)、ジフェンヒドラミンHCI、塩酸ピリドキシン、ローズマリーなど

MEMO

・厚生労働省が認可した育毛剤を選ばないと意味ない

・育毛有効成分がバランスよく含まれている育毛剤を選ぶべし

・育毛剤のケアにプラスして頭皮環境の改善も行うのがベスト

よく効く育毛剤の人気ランキング


育毛剤の効果的な使い方

半年以上育毛剤を使っているけれど、期待したような効果が得られないと感じている人もいます。一方で、3ヶ月もしないうちに確かに実感が出て来たという手応えを感じている人もいます。

この違いは一体なんでしょうか。

もちろん育毛環境は個人差が千差万別なので、必ずしも同じ条件が誰にでも当てはまるというわけではないのですが、もし思ったような手応えを得られないのが使い方によるものであるなら、一刻も早く改善すべきですよね。

ただし、育毛剤は使い始めるタイミングが非常に重要です。

例えば、生え際の後退や髪の毛のコシのなさが気になり始めたタイミングで早めにケアを始めた人と、かなり放置してから始めた人とでは、効果の現れ方が変わる場合があります。

髪の毛が細くなって来たばかりの人や、1本1本が弱くなって来たばかりの人であれば、全然大丈夫。始めるなら早いうちが一番。何も無くても、30代になれば気にすべきなのが髪の毛です。

まずは自分の頭皮環境を把握する

女性は10代の頃からスキンケアについて知識を持っている人も多いですが、男性の場合はまったく知識が無い状態でいきなり頭皮のスキンケアを始めなければいけなくなる事がほとんどでしょう。

頭を洗うようになんとなく頭に付けておけば良いかというとそういうわけではなく、きちんと効かせたい部分に成分を浸透させる意識を持つことが重要です。

そのためには、事前に自分の髪の毛の状態をしっかりチェックするのが鉄則です。まずは自分の頭髪を合わせ鏡などでしっかりチェックしてみましょう。

代表的な薄毛の状態はM字型やU字型、O字型などと呼ばれますが、人によってはそれ以外の部分でも髪の毛の状態が気になる場合があると思います。

正面から見えるところだけでなく、合わせ鏡で頭頂部や後頭部、側頭部なども全部チェックしましょう。他の部位より髪の毛の密度が薄い、髪の毛が短い、髪の毛が細い、コシが無く寝ているという部位があれば、そこが集中ケアの必要な部分です。

代表的な薄毛は、生え際や頭頂部から現れますが、人によっては他の部分で状態が気になる場合もあります。闇雲に塗っても効果は得られませんし、要らない部位に塗ってもお金が無駄になってしまいますので、状況把握は重要ですね。

全体ではなくピンポイントで良い

塗るタイプの育毛剤は、チェックした気になる部分にのみしっかり浸透させるのがポイントです。塗るタイプの良いところは、ダイレクトに成分を与えることが出来る点。

まずはピンポイントで改善したい点にしっかり塗り、同心円状に周りにも広げて塗っておきましょう。

抜け毛や薄毛は、症状が現れた部位を中心として、同心円状に影響が拡がって行く特徴がありますので、予防するためにも多少広く塗り広げておきましょう。

頭を洗うようにガシャガシャと擦ってはいけませんので、指の腹でしっかりプッシュして皮膚の中へ成分を押し込めるイメージが大切です。

育毛剤博士

塗るタイプの育毛剤は気になる部分にダイレクトに効果を与えることが出来るのが一番の特徴じゃ。

 

気になるポイントだけに染み込ませるのではなく、同心円状に広げるのがポイントじゃぞ!髪の毛のトラブルは同心円状に影響が拡がって行くので、それを予防するためにも大事な塗り方なんじゃ。

頭皮の状態を最適に整えておく

育毛剤は頭皮に直に塗りますので、頭皮が清潔である時に塗るのは基本中の基本です。

体温が高い時のほうが浸透力が高くなるので、頭皮が清潔になっていて、体温も上がっているシャワーを浴びた後やお風呂上がりに塗るのが良いタイミングです。

気を付けたいのは、汗をかいている最中に塗ってしまうと、せっかく付けた育毛剤が流れ落ちてしまうことです。

頭を洗って濡れたままの状態で塗ると液だれしてしまいますので、汗が落ち着いて髪の毛もある程度乾いてから塗りましょう。オススメは、頭皮に塗った後にストレッチなどをして、自ら体温を上げることです。

マッサージは良いようで摩擦刺激になりやすいので、全身を温めるほうが理想的です。

育毛剤博士

頭皮の状態を清潔にするのと、全身の体温を上げる事が大事じゃ!

 

一番良いのは、清潔な頭皮に塗った後に身体を動かして、内部から体温を上げることじゃ。マッサージなども良いですが、ストレッチなどで身体をほぐし、毛細血管を拡げて血行を良くするのが理想的じゃ。

 

お風呂上りにすぐ塗るとまだ汗をダラダラかいているタイミングじゃから折角の育毛剤成分が流れてしまうぞ。じゃから、ある程度時間をおいた後に塗るんじゃ!

生活環境も整えておく

育毛剤の効果を最大限に引き出すためには、やはり生活環境も改善する必要があります。

耳が痛くなるほど聞かされることではありますが、やはり暴飲暴食や喫煙、アルコールの過剰摂取などが髪の毛に悪影響を与えることは必至です。

睡眠不足も髪の毛の成長には最凶ですので、夜更かしは厳禁。成人男性には辛いかもしれませんが、一番良いのは健全な小学生のような生活を送ることなのです。

ただし、精神的なストレスも悪影響となりますので、あまりガチガチに縛りすぎず、自分でも楽しんで改善が出来るといいですね。

育毛剤博士

髪の毛のためにやってはいけないのは、

・偏食

・暴飲暴食

・喫煙

・アルコールの過剰摂取

・睡眠不足

 

当然じゃが、生活のリズムを正すことが育毛剤の効果を高めるんじゃ。身体の状態がボロボロなのに、育毛剤だけでなんとかしようとしても無理じゃろう。

 

ハゲは本当にでキツイんじゃ!女にもてたい男としては致命的じゃぞ。ワシみたいに手遅れのハゲになりたくなければ少しくらい努力をするんじゃ!髪の毛がまだあるお主に忠告じゃ!

 

新着記事

育毛剤の効果な使い方とは?育毛剤を初めて使う際の注意点【正しい使い方】 オンライン診療(遠隔診療)に対応したAGAクリニックは?スマホやPCでAGA治療! 若ハゲに効く育毛剤ってある?10代20代におすすめのAGAクリニックと若ハゲ対策 育毛トニックは効果がないって本当?育毛剤との違いは? 育毛トニックは効果がないって本当?育毛剤との違いは? 発毛剤や第一類医薬品育毛剤の副作用とは?副作用が出る確率は?すぐ治る? 薄毛対策でとった方が良い栄養素・食事・成分は?自宅でできる基本的な対策方法 育毛剤に使われている主な有効成分のタイプは大体3種類ある 育毛剤に使われている主な有効成分のタイプは大体3種類ある 薄毛の遺伝って父方から?母方から?薄毛遺伝子を遺伝してたらほぼハゲるの? 薄毛の遺伝って父方から?母方から?薄毛遺伝子を遺伝してたらほぼハゲるの? 10代や20代から進行してる若ハゲに育毛剤って効かないの? 10代や20代から進行してる若ハゲに育毛剤って効かないの? 育毛剤が全然効かない!育毛剤の効果がない人ってどんな人? 育毛剤が全然効かない!育毛剤の効果がない人ってどんな人?

新着記事一覧を見る