市民税がキツイ!キャッシングで借りれる?

カードローンやキャッシングを利用する為の基本的な条件として各消費者金融・銀行が定めているものは「20歳以上で安定した収入がある方」というものです。この条件を満たすことが出来ればそれらを利用してお金を借りることが可能ですが、必ずしも「誰でも利用できる」と言う訳ではありません。

 

参考:お金を借りる方法ならお金を借りたいじゃん。

 

条件を満たしていない場合、例えば20歳未満であるとか安定した収入が無いという場合はもちろんの事、過去に【金融事故】などを起こしたことがあり、信用情報機関に異動情報(遅延や延滞、未払い、債務整理、自己破産などの情報)がある場合には融資を断られてしまう可能性があります。

 

また、利用を希望する消費者金融に盛りよりますが、債務総額(消費者金融や銀行のフリーローンなどに限る)が年収の1/3を超える場合にも利用が出来ない場合があります。

 

これは、【総量規制】と呼ばれる規制(貸金業法対象)によって決められている事であり、貸金業法で管理されている貸金業者の場合にはその範囲を超えて融資を行う事が出来ませんので、審査の際に否決となってしまうことになります。

 

消費者金融・銀行を利用してお金を借りる場合、必ず【審査】を受ける必要があります。審査では年収や債務総額・債務履歴などが参照されるため、希望したからと言って必ずしも融資を受けることが出来ると言う訳ではありません。前述した基本条件を満たし、審査をクリアして初めて融資を受けることが出来ます。

 

もちろん、アルバイトやパートで働いている方、および学生でも安定した収入(アルバイトやパートは安定収入に見なされる)があれば審査を受けたうえで利用する事が出来ます。

 

当然、無職の場合には安定した収入が無いので利用する事は非常に難しくなってしまいますが、(専業)主婦の場合には状況が変わってきます。

 

主婦の場合には「家計を共にする配偶者」がいますので、仮に自分自身には収入が無くとも配偶者の年収・信用を利用して借り入れを行う事も出来ます。利用先によりますが、配偶者に内緒で契約をすることも可能です。