銀行カードローンが良いらしいけどメリットは?

多くの金融業者が提供している個人向けカードローンは、準備が簡単で審査時間が短いという事が魅力の商品です。主に、消費者金融が取り扱ってきた商品ですが、現在ではクレジットカード会社や銀行も個人向けカードローンを用意しています。その中で銀行が提供している商品は、他とは違う特徴を持っています。

 

消費者金融とクレジットカード会社は、貸金業者に分類されている金融機関です。このために、提供しているサービスは貸金業法という法律により規制されています。

 

2010年に新しい内容の貸金業法が施行された事により、総量規制という規則が加えられています。総量規制とは借入総額は年収の3分の1以内に制限するという規則なので、消費者金融やクレジットカード会社のカードローンは借入に上限が課せられるという事になります。

 

銀行カードローンは、銀行法という別の法律により既に規制されているので、貸金業法の対象からは外れています。つまり、年収により借入が制限されないという事です。

 

このために、銀行カードローンは、収入を得ていない専業主婦でも利用する事が可能です。

 

幅広い層に提供されているという事が、メリットとなっています。銀行ごとに商品内容は異なっているので、バラエティーに富んでいるという事も特徴と言えます。さらに、消費者金融やクレジットカード会社の商品と比較すると金利が低く設定されているという事も銀行カードローンの魅力です。

 

このように様々な長所がある銀行カードローンのデメリットは、他の金融機関の商品よりも審査に時間がかかるという事です。通常の銀行の商品と比較すると審査時間は非常に短くなっていますが、必ずしも即日融資を行っているわけではありません。

 

合否が判明するまでに数日間を要する商品もあるので、今日中にお金がほしいというケースには対応できない可能性があります。時間的に余裕がある場合の利用に向いている商品内容であり、返済の負担を減らしたいという人におすすめです。