カードローン会社を選ぶ時に注意することは?

キャッシングをする業者を選ぶのはキャッシングする際の重要な作業です。

 

業者次第で審査のやり方も変わりますし、審査結果に違いも出てくることでしょう。あなたの一番ニーズにあった業者を選べるようにそれぞれの特徴についておさらいしていきたいと思います。

 

まず銀行の提供するカードローンと消費者金融のキャッシングの違いです。銀行と消費者金融と聞くと安心感が銀行の方がありそうなイメージはあります。

 

しかし、実際利用すればわかりますが両者で特に安心感に違いはありません。どちらも個人情報の取り扱いはしっかりしていますし、電話連絡なども丁寧です。大きく異なるのが審査の際に利用する信用情報機関が異なることです。

 

消費者金融系の利用するところと銀行系の利用する信用情報機関が異なるために、審査基準が若干変わってきます。銀行系の方が口座引き落としなどの情報も得意とする信用情報機関を使うので、一度でも引き落としに遅れがあったりすると問題となります。

 

また信用情報機関が異なることから、消費者金融で借りられなくても銀行カードローンならば借りれる可能性もあります。また、銀行のカードローンは総量規制の対象から外れています。

 

総量規制とは年収の三分の一までしか借り入れをできなくする規制ですが、この規制がないということは年収が全くない専業主婦でも旦那の収入で審査してもらって借り入れできます。

 

審査に不安のある方は以下のサイトにあるように、できるだけ借りやすい会社を選ぶのがベストです。金利で比較すると三菱東京UFJ銀行カードローンはかなり良いですね。

借りやすい銀行・カードローン一覧

 

最も例外規定として消費者金融でも専業主婦にも旦那と合わせた総量規制を適用して貸し出してくれることもあります。

 

次に金利の差です。消費者金融はほとんど一律ですが、銀行カードローンはネット銀行と通常の銀行で違いがあります。

 

ネット銀行は比較的消費者金融に近い、18%程度の年間利息が発生しますが通常の銀行であれば15%程度です。その代わりネット銀行と消費者金融は比較的審査にかかる時間が短く、最短申し込んだその日のうちに貸し出しに応じてくれることもあります。